消費者金融審査

大手消費者金融の審査

キャッシングやカードローンで知名度が高く人気があるのが大手消費者金融です。

 

どの会社もスピード審査・スピード融資に優れていて来店不要の即日融資も可能、またそれだけではなく各社特色のあるサービスを提供していてその内容も優れたものになっています。

 

大手消費者金融の審査はどのようになっているのでしょうか?
まずはどのようなカードローンがあるのか見ていきましょう。

 

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは金利4.5%〜17.8%、限度額最高500万円のカードローンです。大手消費者金融のなかでもCMなどでの知名度も高く、またサービス内容の高さからも人気のカードローンになっています。

 

初めての方なら30日間無利息サービスあり!
プロミスを初めて利用する方ですと30日間の無利息サービスを受けることができます。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

・Web完結も可能!
カードの発行有無を選ぶことができるので、カード郵送希望なしにすれば郵送物なしで申込から利用までが可能なWeb完結になります。

 

即日融資も可能!
融資までは最短1時間というスピードで即日融資も可能です。
※申込の時間帯によっては当日中の融資ができないこともあります。

 

平日14時までに契約完了で即日振込も可能!
平日14時までに契約完了すれば即日振込も可能です。

 

瞬フリサービスで24時間最短10秒振込!
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を登録すれば、24時間最短10秒という早さで振込可能な瞬フリサービスがあります。

 

平日14時以降や土日祝日でも融資可能!
平日14時以降や土日祝日でも、WEBから申込をして自動契約機でカード発行すればキャッシングが可能です。

 

モビット

三井住友銀行グループのモビットは金利3.0%、限度額最高800万円と大手消費者金融の中でも突出したスペックのカードローンとなっています。申し込みも利用も全てネットとメールだけでお手続きできるWEB完結申込が人気です。モビットの審査の早さは口コミでも評判が高くなっています。

 

下限金利3.0%は大手都市銀行のカードローンよりも低い!
モビットの下限金利は3.0%となっており大手消費者金融の中でも突出して低金利です。銀行カードローンでも下限金利3.0%はそう多くはありません!特に大手都市銀行系のカードローンの場合、下限金利は4%台がほとんどです。

 

電話連絡なし・郵送物なしのWEB完結なら在籍確認も怖くない!
手続きがWEB完結するカードローンは他にも多くありますが、モビットのWEB完結は「電話連絡なし・郵送物なし」が大きな特徴です。審査結果の連絡などモビットからの連絡はメールで、在籍確認の電話は勤め先が確認できる書類の提出になります。また契約書類等は電子交付になっているため郵送されませんし、カードレスなのでローンカードの郵送もありません。在籍確認の電話が会社にかかってくるのが不安…家族にばれてしまわないか不安…という方にたいへんおすすめです。

 

少ない入力項目で融資可能か即時に判断!
モビットの申込は外の業者に比べて入力フォームの項目が少ないため、申込みしやすくなっています。

 

アコム

アコムは金利4.5%?18.0%、限度額最高500万円でCMなどでの知名度も大変高い人気の大手消費者金融です。審査通過率が大手消費者金融の中でもトップクラスで、5割に近い審査通過率を出しています。

 

最短1時間融資可能!平日14時までに必要書類の提出で即日振込も可能!
アコムは融資スピードの早さでも支持されていて、最短1時間融資が可能です。
平日14時までに必要書類の提出が確認できれば即日振込も可能になります。

 

楽天銀行に口座があれば24時間最短1分で振込融資!
楽天銀行に口座をお持ちの場合、24時間最短1分で振込融資が可能です。

 

初めての方なら30日間金利0円のサービスがある!
アコムを利用するのが初めての方なら30日間金利0円のサービスがあります。
※返済期日35日ごとで契約の場合

 

消費者金融の審査内容とは

カードローンの審査申込みをしても審査に落ちてしまう方と審査に通る方とに分かれるかと思います。しかし、審査に落ちた方が改めて他のカードローンに申込みをしてみますと、審査に通ることもあります。これは、審査基準に各社で違いがあるからです。

 

しかし、行われる審査内容自体には消費者金融各社それほど大きな違いはありません。
基本的には以下についての審査が行われます。

 

  • 属性スコアリング
  • 信用情報
  • 事実確認

 

では、具体的にどのような項目についてどのように融資の可否を判断していくのか、詳しい審査内容についてみていきましょう。

 

1. 属性スコアリング

属性スコアリングというのは年収や職種、勤続年数といったその人が属する環境についての審査です。

 

申込みの際には申込みフォームにそうした項目を記入することになりますが、どのような人物がきちんと返済をしてくれていたか、逆に返済できなくなるのはどのような人物なのかという過去の利用者データをもとにした統計情報により、申込者の属性を点数化して融資の可否や限度枠を決定していく審査です。

 

【年収】年収は高ければいい、というわけではなく、400万円以上であれば属性は高いと判断されます。

 

【勤務先】公務員が収入の安定性という意味で一番属性が高くなり、次いで大手企業、中小企業などとなります。

 

【職種】やはり正社員が審査には有利で、契約社員、派遣、自営業と続きパート・アルバイトとなります。

 

【健康保険証の種類】公務員の共済保険や大手企業の組合保険は属性が高いと判断されます。

 

【勤続年数】勤続年数は長ければ長いほどよいとされ、5年以上になると評価が高くなるようです。

 

【年齢】年齢は20代?30代が高評価となり、50代、60代となってきますと評価が低くなっていきます。

 

【家族構成】独身家族同居、また既婚でも家族同居子供なしなど自由に使えるお金が多いと評価が高くなります。

 

【居住年数】長ければ長いほど有利となります。

 

【住居形態】本人・家族問わず持ち家は評価が高いです。

 

2. 信用情報

信用情報というのはローンやクレジットカードの取引履歴のことです。

 

カードローンの申込みの際には必ずこの取引履歴を個人信用情報機関で確認します。
このことは貸金業法でも定められていて、返済能力のない人に過剰な貸付けをすることがないよう、返済能力の有無を調べるようになっているのです。

 

信用情報には申込みの履歴から借入状況、返済状況などといった情報が詳しく残っています。登録される期間は情報の種類によって、また信用情報機関の種類によっても異なりますが、短いもので6ヶ月程度から長いもので10年というようにものによっては長い期間影響があるので注意が必要です。消費者金融に影響がある信用情報については以下のようなものがあります。

 

【申込み履歴】短期間に3社以上の申込みがありますと審査に不利になります。

 

【他社借入件数】各社違いがありますが、一般的に4社以上の借入件数になってきますと審査に通るのが難しくなってくると言われています。

 

【事故情報】3ヶ月を超える支払い遅延や債務整理など、金融事故の履歴がありますとその間はキャッシングやカードローンはもちろん、車のローンや住宅ローンなどすべての融資審査に通らなくなります。情報の登録期間は5年?10年と長くなっています。

 

3. 事実確認

消費者金融審査はすべてが自動化しているわけではありません。
「申込みの際に申告した内容が事実であるかどうかといったことを確認することも、重要な審査のひとつとなっています。

 

【本人確認書類】
本人確認書類として免許証や健康保険証、パスポートを提出することでなりすましでなく本人かどうかの確認ができます。

 

【勤務先の在籍確認】
在籍確認の電話も、審査において返済能力の有無を確認する重要な項目の一つです。申込みフォームに記載したとおりの勤務先に働いているという実態を確認することで、申告したとおりの返済能力があるかの裏付けをとることができます。基本的には電話での在籍確認が一般的ですが、なかには書類での在籍確認を行っているところもあります。

 

審査に通るために気をつけるべき3つのこと

消費者金融審査の内容は以上のようになっており、みてわかるように属性や信用情報などの内容は申込み前に努力してなんとかしようとしてもなかなか変えることができないことだったりします。

 

審査に通りたいからと、急に年収をあげたり勤続年数を長くするなんてことはできませんよね?では審査に通るためにできることはないのか、といいますとそんなことはありません。

 

審査に通るために、気をつけたほうがよい点がいくつかあります。

 

申込み内容の不備に気をつける

申込みの際、住所や電話番号、メールアドレスなどの誤字脱字等間違いは実はかなり多いそうです。間違えただけで審査に落ちてしまうなんてことはありませんが、例えば電話やメールアドレスなど審査結果の連絡に必要な項目を間違えてしまうことで審査結果の連絡ができずに遅くなってしまう、何てことも考えられます。

 

また、故意でなくとも借入件数や金額で間違いがありますと虚偽として審査に影響する可能性も考えられますので注意しましょう。

 

申告内容を偽らない

他社借入は少ない方が審査に通りやすいから、また年収は多い方が審査に通りやすいからと事実と違う申告をしたくなる気持ちはわかりますが、申告内容は正直に書いた方がのちのち自分のためになります。

 

というのも、これまでにクレジットやカードローンの利用がある場合には信用情報機関に情報が残っていますし、そうした情報を確認することで申告した内容が事実かどうか審査を行うわけです。もしそこで虚偽の申告がばれてしまえば、審査には確実に影響が出るでしょう。

 

連続して何社も申込みをしない

申込履歴は信用情報の審査の際に確認することになりますが、短期間の間に何社も連続した申込みがありますと、そうした人物は業者から見た場合、「よほどお金に困っている人物なのかも」という判断がされてしまうといい、それだけで審査に通らなくなってしまうのだといいます。
数打てば当たるかも、と落ちてしまった時の保険のつもりでも、それが逆に審査に通らない要因になってしまいますから注意しましょう。