消費者金融審査

無職でも消費者金融の審査に通る?

消費者金融の審査で重視されているのは、返済能力の有無です。安定した一定の収入があり、貸したお金をきちんと返してくれる返済能力があるかどうかが重要視されています。

 

毎月安定した収入がありお金を貸しても今後返済してくれるあてがきちんとある、そうした人物にお金を貸してくれるのであって、当然のことながら貸しても返してもらえるあてのない方にはお金を貸してもらえません。

 

そもそも消費者金融がお金を貸す際には、総量規制で指定信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務づけられました。返済能力を超えた貸付けは、このように法的に禁止されているのです。そのため、無職の方の場合、原則的には消費者金融の審査に通らないということになります。

 

ネットで検索をしていますと、「無職OK」「無職即日」などと無職でもお金を借りられるようにうたっているローン会社もあるようですが、こうした会社はまず間違いなく違法業者です。とくに知名度がそれほどない中小の消費者金融になってきますと違法業者が紛れていることがありますので、利用の際には注意してください。

 

では、無職の方がお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか。まず審査に通るためには収入を得ることです。お金がないから借りようとしているのに、と思われるかもしれませんが、結局のところ、返済のあてがなければお金を借りることはできません。

 

急に就職するといってもなかなか決まらない、というのでしたらまずはアルバイトでもいいので働き始めることをおすすめします。はじめたところで審査では勤続年数を見られますから、すぐにお金を借りられるわけではありませんが、3ヶ月以上勤務を続ければ審査に通る可能性が出てきます。

 

基本的に、収入がないのにお金を借りるということは返すあてがないのに借りようとしているということになります。のちのち自分の首をしめることにもなりますので、無理な借入をするのはやめましょう。