消費者金融審査

消費者金融の審査に通らない理由

消費者金融に限らず、銀行でも他の金融機関でもキャッシングやカードローンでお金を借りるには必ず審査があります。お金を借りるためには、審査に通らなければなりません。

 

では、どのような人が審査に通らないのか、消費者金融の審査に通らない理由とはどういったものなのでしょうか。

 

カードローン審査において、落ちる理由というのは人それぞれではありますが、やはり傾向として、「こういう人は落ちやすい」「これだと審査に絶対通らない」など審査に落ちる理由としてよくあるものというのはあります。審査を受ける前に、自分の場合はどうなのか、一度確認してみましょう。

 

延滞や債務整理など、信用情報に傷がある

過去に債務整理や3ヶ月以上の支払いの遅延など、信用情報に傷がある方はまず審査に落ちる可能性が高くなります。こうした金融事故を起こしている場合、信用情報の返済状況の欄に「異動」という文字が記載されてしまいます。こうなりますと審査に通るのはまず難しいでしょう。

 

また、信用情報では直近の入金状況も確認することができ、通常の入金状況であれば「$」の記載になりますが、そこに「A」「B」「C」などといった文字がありますと入金状態の異常を示すこととなり、「返済がしっかりとできていないんだな」ということでこちらもカードローン審査では不利になってしまうのです。

 

他社借入件数が多い

他社借入については、実は借入額よりも件数が重視されると言われています。なぜ件数なのか?といいますと、例えば同じ100万円という額を借りるのに、

  • 1社から100万円を借りている方
  • 5社からそれぞれ20万円ずつ借りている方

どちらが信用があるか?といいますと、1社から高額の融資を受けられる前者のほうということになるわけです。つまり、1社から100万円ものお金を借りるだけの信用があるからお金を借りることができている、と判断されるのですね。

 

一方複数社から少しずつ借りている方というのは、1社1社からは少額しか借りることのできない信用度の人、ということになります。そのため、借入件数は少ない方がいい、というわけです。

 

では実際他社借入件数は何件まででしたらいいのかと言いますと、そのあたりは各社で審査基準に違いがありますので一概には言えないのですが、一般的には2〜3社程度であれば問題ないとは言われています。

 

ただしこれ以上増えていきますと多重債務の状態になり支払いがたいへんになってきますし、またどんどん借りるのも難しくなってきてしまいます。可能であれば借金を1本にまとめてしまう、またどうしてもお金を借りたいのであればいまある借入のなかから増額してもらう、というほうがいいでしょう。

 

属性が低い

属性が低くて審査に落ちてしまうというケースもあります。消費者金融ではアルバイトやパートでもお金を借りることができますし、年収200万円未満の方ももちろん多いわけですが、例えば20そこそこの学生でアルバイトで収入が100万円程度の方と、30、40の方で年収100万円という方では印象が違いますよね?

 

このように、極端に収入が低いという場合、審査に落ちてしまう可能性が考えられます。

 

大手の消費者金融で1社に落ちてしまったとしても、他では審査に通るということも珍しくないですが、もしも3社審査に落ちてしまったという場合にはもう大手で借りるのは難しいと考えていいでしょう。大手で審査に通りにくくなってしまった場合でも、中小の消費者金融なら審査に通ることもあるといいますが、中小の消費者金融を利用するという場合には知名度がそれほど高くないところが多くなりますので、違法業者を利用してしまわないよう注意しましょう。

 

希望額が高額すぎる

総量規制が導入され、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限されるようになりましたが、これを超えるような希望額を消費者金融審査で出している場合、審査に影響する可能性があります。もちろん、審査の結果、総量規制を超えない範囲に限度額を減らされて審査に通るということもあるのですが、あまりにも高い希望額を出すことで審査に落とされてしまう可能性というのもありますので注意しましょう。