消費者金融審査

在籍確認なし、はない!

消費者金融審査に限らずカードローンの審査では、勤め先への在籍確認というのは必ず行われます

 

申込フォームには勤務先や職業、年収などを記入しますが、そうした情報は自己申告ですからその人にほんとうに返済能力があるのかどうかの裏付けがとれません。そのため、勤務先へ在籍確認を行うことで申告した通りに勤務している実態があるのかどうか確認し、それにより返済能力の有無について裏付けを取ることができるのです。

 

「在籍確認なし」のカードローンなどとネットで検索するといくつか出てきますが、基本的に在籍確認のないカードローンというのはありません。

 

では、在籍確認を避けることはできないのか?
といいますと、在籍確認を電話以外の別の方法でとれるカードローンならあります。

 

それはモビットのWEB完結申込です。

 

モビットのWEB完結申込

モビットには通常のカード申込の他に、WEB完結申込というものがあります。こちらはネットで申込から利用までができるというものです。

 

他のカードローンでもそうしたサービスを行っているところはありますが、モビットが他と違うのは「電話連絡なし・郵送物なし」という点です。WEB完結やネット完結といっても、その多くは利用にあたっては何かしら電話連絡や郵送物が発生するものが多く、在籍確認は電話で行われるのが普通です。

 

しかしこのWEB完結申込は電話連絡なし・郵送物なしなので、

  • 在籍確認は勤め先を確認できる書類の提出で
  • 審査結果の連絡などモビットからの連絡はメールのみ
  • 契約書類などはネット交付
  • 振込融資なのでローンカードの発行なし(郵送なし)

というように、ほんとうに電話や郵送といった手続きがありません
そのため、在籍確認の電話を避けたい!という方や家族に内緒でお金を借りたいという方に大変人気です。

 

ただし、利用にあたってはいくつか条件があります。
誰しもが利用できるというサービスではないので注意が必要です。

 

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座をお持ちの方
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証をお持ちの方

 

また、提出書類が多く、これらを用意する手間があります。

 

・本人を確認できる書類(以下のいずれかの写し)
運転免許証、パスポート

 

・現在の収入を証明できる書類(以下のいずれかの写し)
源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月分※用意できる方は併せて直近1年分の賞与明細も提出)

 

・勤め先を確認できる書類(以下2つの写し)
健康保険証(全国健康保険協会発行の保険証、もしくは組合保険証)
給与明細書(直近1ヶ月※収入証明書類に給与明細以外を提出の場合には必須)

 

在籍確認でバレることはない?

在籍確認は不安な部分もありますし、できれば避けたいものですが、在籍確認でバレてしまうということはまずありません

 

消費者金融など金融機関側も利用者のプライバシーには配慮してくれますし、なかには電話をかけてくる時間帯を指定したり、性別を指定できるといったところもありますので心配な方は申込の際に相談してみるのもいいかもしれません。